FC2ブログ
2009 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2009 07

スポンサーサイト

 【--//--】

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Comments (-)Trackbacks (-) | トップへ戻る

Big Muff ケース

 【30//2009】

BM.jpg
Big Muff Clone

OldのBig Muffをお持ちのお客様より、ご依頼頂いたケースです。
なかなか良い感じに仕上がったと思います。
今回材質は、ご指定のヘアライン・ステンレスを使いました。
材質によっても音は変わるんでしょうね。
オリジナルには錆が出ていたとおっしゃってましたので、鉄系かな・・・?
BM2.jpg
BM3.jpg
底側の材質には鉄の1.6mmを使いました。
かなりモノ的に大きなケースなので、‘重量感ありです・・・。’
・・とおっしゃってました。確かにズシッと・・・。当方は結構好きかも・・・。
上フタも含め全てアルミもありかなと思ったのですが、
どうなんでしょうか?難しいところです。
ギターアンプのシャーシでも材質でかなり音が変わるので
この辺は結構大事な部分かもしれませんね。
オリジナルの上下の素材をご存知の方、ご教授ねがいます!!
当方も、もっと勉強せねば!

箱屋番頭

スポンサーサイト

Category: 箱屋さん!の仕事

Theme: 楽器

Genre: 音楽

Comments (5) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

KR Musical Products Gypsy Fuzz

 【19//2009】

JFuzz.jpg
KR Musical Products Gypsy Fuzz

先日書いた、MegaVibe の相棒 Gypsy Fuzz です。
これ一発で事足りそうなペダル 。
ギター側Vol. 絞ってクリーン、ちょい上げでクランチ、
もうちょいあげてオーバードライブ、
全開でFuzz!
普通じゃん!と言われれば普通なんですが、
なんというか、全部使える音なんです。
絞ると臭ーいクリーンとは違います。

ゲルマタイプではなくシリコン3発か4発?かな?の構成。
樹脂で固めてあるので未確認ですが。
音は Denis Cornell Fuzz Face の方が丸く柔らかい音で、
こちらは、エッジがありシャープな感じがします。
ゲルマとシリコンの特徴でしょうか。

どちらとも良い音で気に入っていますが、
使いやすさでGypsy Fuzz が上です。
ノイズも少なくかなり重宝するFuzzです。

悪なBluesにはいいかも!

番頭

Category: 機材の箱

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

60`s Vox AC-30 Clone

 【12//2009】

ac1_20090610182042.jpg
60`s Vox AC-30 Clone

関西は大阪の、ど真ん中にある
真空管ギターアンプのリペア&モディファイの専門店 「Blue10」さん。
そちらのオーナー様より60年代のVox AC-30のシャーシのご依頼を受けました。
今回、Mercury製のトランスに合わせて製作させて頂きました。
Mercuryのトランスは、どのタイプも音が良く信頼性も高いそうです!
ac3_20090610182043.jpg
シャーシとコンボ・キャビネットBoxの固定は
Marshll のシャーシに良く使われているシャーシナットを使いました。
1枚目の写真にチラッと写っているやつです。
ac4.jpg
Voxのシャーシは、今回製作したシャーシと、ジャックやVol.ツマミ等が
乗っかるアルミ製シャーシとの2ピース・シャーシです。
この側面にそれがくっつきトランスのステーで固定するみたいです。
そのためトランスが側面ツラツラになる様に位置決めしました。
ac2_20090610182043.jpg
今回、60年代ドンズバの音色プラス、所々に新しいアイデアを取り入れるとの事。
かなり完成が楽しみですね!
オーダーされたお客様もかなりコアな方だそうで、気合が入ると言っておられました。
当方も気合が入ります!!

箱屋番頭

  

Category: 箱屋さん!の仕事

Theme: 楽器

Genre: 音楽

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

KR Musical Products Megavibe その2

 【08//2009】

MV4.jpg

前回に引き続き今回も Megavibe ネタです。

今回はアダプターを試して見ました。
Megavibe 付属のアダプター右とMaxon AD-900 付属の左
acdc.jpg

どちらも OUTPUT 12VDC 200mA なのですが、
実際電圧を測ってみると、
Megavibe 付属のアダプター(INPUT:120V)
ステップアップトランス使用120V入力で測ると 18.93V・・??
100V入力でも 16.03V・・??・・・・高!アバウトですね!!
Maxon AD-900 付属のアダプター(INPUT:100V)
当然100V入力で、11.95V 規格内という事でしょうか。さすが・・。

この2つのアダプター、3種の電圧で試しました。

Maxon 11.95V
Hiは綺麗が少し細め、揺れ方がイビツ。
低音がトントン当たる感じの揺れ。ちょっと変。

Megavibe用 16.03V
音が一気に太くなる。原音に近いくらいの輪郭。
低音にも輪郭があり、揺れがハッキリして少しだけ硬い感じ。

Megavibe用 +ステップアップトランス 18.93V
かなり低音が前に出て、若干Hiが埋もれた感じ、
でも硬さが取れ、音が解け合った揺れでかなり良い感じ。
弾いた瞬間のガポッって言う感じが最高です。上手く言えない・・・。

結果、アダプターと言うよりも電圧でキャラが変わると言う事なんでしょうか。
当たり前と言えば当たり前ですが・・・・。
Vibeの回路には、ネオン管の光り方を制御するトリマがあるのですが、
そのトリマを回すのと同じこと???違うかな??
難しいことは分りません。どなたか教えてください!
わざわざ12Vのアダプターを色々買うのは何か辛いものがあるし・・・。

しかしこんなに電圧高くて大丈夫なんでしょうか??
中のネオン管が早く逝ってしまうとかないでしょうね???
まっ音が良いのでOK!でしょう。

こちらパープル兄弟
MV3.jpg

箱屋番頭

Category: 機材の箱

Theme: 楽器

Genre: 音楽

Comments (4) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。